OPEN月・火・木・金11:00~20:00 水・土11:00~15:00
CLOSE日・祝(時間外応相談)完全予約制
名古屋市千種区四谷通1-23アルファランドビル3F MAP

はじめての方へ

鍼灸師の近藤陽子です。

  • 本山さくら鍼灸サロン 代表
  • はり師・きゅう師
  • University of California,
    Berkeley 卒
  • 日本医学柔整鍼灸専門学校
    鍼灸科卒
  • 北里大学東洋医学総合研究所
    鍼灸医学研修プログラム修了
  • 所属学会・団体
  • 愛知県鍼灸マッサージ師会会員
  • 日本不妊カウンセリング学会会員

Yoko Kondo
近藤陽子

はり・灸は2000年以上も昔から受け継がれた伝統医療です。
西洋医学では対処の難しい症状もはり・灸には緩解する力があり身体が本来持っている自分で治そうとする力、「自然治癒力」を高めることもできます。
皆様が心身の不調に向き合い、より良い生活を過ごせるようお一人お一人丁寧にサポートさせていただきます。
皆様との出会いが一生のお付き合いとなりますよう、日々研鑽してまいります。



本山さくら鍼灸院のブログ

ブログやってます。鍼やお灸、体の健康のことなど。不定期更新。


せんねん灸 セルフケアの森のHPへ

せんねん灸のセルフケアサポーターをやっています。
ご自身でお灸をされたい方は、お気軽にご相談ください。


鍼(はり)・灸(きゅう)とは 鍼灸の適応症

世界保健機構(WHO)は鍼灸適応疾患としていくつかの症状を認め、米国国立衛生研究所(NIH)と共に鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であるとレポートを発表しています。


WHOが鍼灸療法の有効性を認めている症状

  • 神経系疾患

    神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー 等
  • 運動器系疾患

    関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫) 、各種スポーツ障害等
  • 循環器系疾

    心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
  • 呼吸器系疾患

    気管支炎・喘息・風邪および予防等
  • 消化器系疾患

    胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
  • 代謝内分秘系疾患

    バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
  • 泌尿器系疾患

    膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
  • 婦人科系疾患

    更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
  • 耳鼻咽喉科系疾患

    中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
  • 眼科系疾患

    眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
  • 小児科系疾患

    小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善
  • 頭・眼・耳・鼻・口・顔の症状

    頭痛、偏頭痛、耳鳴り、疲れ目、目の充血、仮性近視、鼻水、蓄膿症、咽頭炎、扁桃炎、歯痛、抜歯後の痛み、歯のうき、顔のむくみ、肌荒れ、にきび、湿疹、かぶれ
  • 首・肩・腕・背中の疲れ

    首のこり、五十肩、関節痛、寝違え、肩こり、背中のはり、腕のだるさ、肘痛、腱鞘炎
  • 足と腰の疲れ

    腰痛、膝関節症、ギックリ腰、足のむくみ、膝の痛み、こむら返り、足のしびれ、足の疲れ、外反母趾、打撲、ねんざ
  • 胃腸系の症状

    胃のもたれ、食欲不振、胃酸過多症、高血圧症、低血圧症、二日酔い、吐き気、乗り物酔い、下痢、便秘、痔、じんましん、口内炎、膀胱炎、気管支炎、アレルギー性
  • 婦人科系の症状

    生理痛、冷え性、つわり、貧血、不感症、月経困難、更年期障害
  • 心の疲れ

    ストレス、イライラ、めまい、不眠、動悸、ノイローゼ、神経症
もぐさもぐさの原料眼精疲労に効きますお灸

▲ページの上部へもどる

衛生管理について

当院では感染症予防の為、治療に使用する鍼はすべてエチレンオキサイドガス滅菌済みの使い捨て鍼を使用。
鍼を置く鍼皿は使い捨てのものを使用しております。
治療の前後に鍼灸師は石鹸にて指先から手首まで洗浄しアルコール消毒を実施しています。

指先から手首まで洗浄・消毒します感染予防に努めます

▲ページの上部へもどる

Q&A

Q痛みはありませんか?

A当院では鍼先が非常に細いステンレス製の日本鍼(セイリン社製 0.10㎜~)を使用します。

美容鍼では場所によってはチクッと感じることもありますが2回目、3回目には慣れ、治療中に寝てしまわれるかたも多いです。痛みを感じた際は無理に我慢していただくことはありません。
お体の治療の際、鍼を刺した患部に鈍い痛みや違和感、重い感覚などを感じる場合もあります。この感覚は鍼がツボに入ったときに感じる響きで時間とともに軽減するために心配はありません。

また、治療後にだるさ、めまい、痛み、痺れなどの症状がまれに出現する場合があります。
鍼や灸の刺激の感じ方には個人差があります。多くの症状は一時的なものです。
最初の問診にて、鍼灸のご経験、症状、体質、ご希望を伺ってから鍼灸師が鍼、お灸、治療方法をご提案します。初めの数回は軽い刺激で治療いたします。経過を見ながらお一人お一人に合った治療内容に変更していきますので安心して鍼灸治療をお受けいただけます。

Q鍼の取り扱いについて教えてください

A当院では感染症予防の為、治療に使用する鍼はすべてエチレンオキサイドガス滅菌済みの個包装された使い捨ての鍼を使用、鍼を置く鍼皿は使い捨てのものを使用しております。一度使用した鍼は使用いたしません。

また、治療前後には手洗い、アルコール消毒を徹底しております。

Qお灸は熱いですか?

A昔のお灸とは違いお肌に跡が残るほど熱いお灸は行っておりません。
お灸のあたたかさ、熱さはお灸の種類、患者様の症状によって様々です。

妊婦さんのお灸はポカポカで気持ちがよくお腹の赤ちゃんも元気に動き出すお灸です。
逆子のお灸は極小の爪楊枝の先ぐらいの大きさのお灸です。熱いお灸ですが一瞬で終わります。

腰痛、肩こり等のお灸はあたたかさを十分感じていただきます。熱いと感じたらすぐに取り除きますのでご安心ください。

Q二人同時に治療してもらえますか?

A現在、2名様同時のご予約は承っておりません。

Qクレジットカードは使えますか?

A申し訳ございません。お支払いは現金のみとなります。

Qどのくらいの間隔で通院すれば治りますか?

A治療効果は病気の性質や原因、患者様の個人個人によって大きく異なります。
急性の場合は1-3日、慢性的な疾患の場合1-2週間おき毎回個々に相談させていただきながら、治療をご提案いたします。

Q保険を使いたいのですが。

A以下の疾患については保険適応となります(医師の同意書要)
神経痛、リウマチ、頚腕症候群(首、肩、腕の痛み、しびれ、だるさ、等)、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症(交通事故などによるむち打ちの後遺症)、詳しくは〈各種健康保険のページ〉をご覧ください

Q鍼灸治療ではどのような症状や病気に有効ですか?

A鍼灸治療では腰痛、頚肩腕症候群、膝関節痛などの運動器疾患や慢性疼痛の治療から、生理痛、疲労、脱毛、めまい、顔面痛、顔面麻痺、冷えなどの症状に効果的です。
世界保健機構(WHO)は鍼治療の適応として「運動器疾患」や「慢性疼痛」等、49の疾患・症状を上げています。

Q医療との併用は?

A鍼灸は医薬の効果に拮抗したり、悪影響を及ぼすことはほとんどありません

Q生理中に鍼灸治療を受けても大丈夫ですか?

A生理中も問題なく、治療を受けることができます。

Q着替えなどはありますか?

A治療着をご用意しております。

Q男性でも美容鍼は受けられますか?

A男性の方も美容鍼を受けていただけます。

Qレーザー治療を受けているのですが、美容鍼は受けられますか?

レーザー治療やフォト治療、脱毛、日焼け直後、ピーリングの前後1週間はあけてご予定ください。

Q内出血はしますか?

A内出血を100%防ぐことはできません。 内出血は体質にもよりますが、皮膚に吸収され、1-3週間程度で治ります。身体への悪影響はなく、痕には残りませんのでどうぞご安心ください。

Q治療前に気を付けることはありますか?

A治療前のお食事はなるべく腹八分目、軽め、なるべく1時間前までにとるようにしてください。
高熱のある時、飲酒時、極度の疲労時は治療の効果が期待できません。鍼灸治療はお控えください。

Q治療後に気をつけることはありますか?

A治療後は血行が良くなり、副交感神経が優位になり、とてもリラックスした状態になります。
激しい運動、飲酒、長湯、運転などは極力避けてゆっくりお過ごしください。
妊婦さんは治療の後、10分ほどお休みになってからお帰りいただくことも可能です。休まれたい方はお気軽にお声がけください。

Q治療をした後、運動をしてもいいですか?

A差し支えありませんが、治療当日、倦怠感などが出た場合はなるべく控えてください。
治療後は血行がよくなるため、さらに運動を行うと疲労感がいつもよりより増すことがあります。また、治療後に痛みなどが軽減したために、体を動かしすぎ、痛みが増加することがあります。ご注意ください。

Q治療した日はお風呂に入ってもいいですか?

A一般的にお風呂に入って体を温めるのは効果的です。鍼治療が初めての方は、治療後にだるさや疲労を感じたりする場合はのぼせやすくなる可能性があります。長湯をさけ、いつもより短めに入浴をお願いします。

Q治療した日にお酒を飲んでもいいですか?

A控えめにお願いいたします。治療後は血行が良くなるため、酔いが早いです。
「はり灸の日は休肝日」にしていただけるとベストです。

Q領収書は医療控除に使用できますか?

A疾病治療であれば、本山さくら鍼灸サロンの鍼灸治療は医療控除の対象になります。
自費・保険治療共に医療控除の対象になります。
領収書をお出ししますのでご遠慮なくお申し付けください。
※疾病予防、健康増進目的、美容鍼は医療控除の対象ではありません

Q領収書をなくしたのですが再発行してもらえますか?

A領収書の再発行はできません。どうしても必要な場合は1年間にお支払いいただいた金額の合計を記載した支払い証明書をお出しいたします。ただし、こちらは有料となります。(1通、1000円 税別)
作成は1週間ほどお時間をいただきます。
支払い証明書の郵送を希望される方はご住所のご確認をお願いいたします。

Qキャンセル料はかかりますか?

A当日のキャンセルは50%ご負担となります。お早めにご連絡ください。

▲ページの上部へもどる

治療案内

インフォメーション

サロン紹介・アクセス

名古屋

本山さくら鍼灸院
名古屋市千種区四谷通1-23アルファランドビル3F
TEL052-364-8189

OPEN <当サロンは完全予約制です>
月・火・木・金 AM11:00~PM20:00
水・土 AM11:00~PM15:00
CLOSE日・祝(時間外応相談)





東京

<完全予約制>
※月2回 隔週木曜日 PM14:00~PM20:30

東京都千代田区平河町1-5-13 平河町UTビル1F
(平河町鍼灸治療院内)
TEL052-364-8189

※東京出張日をメールフォームかお電話でお問い合わせください。
 東京でのご予約も上記の電話番号で受け付けております。
(平河町鍼灸治療院の電話番号におかけになってもご予約できません)